青森県りんごのことならアップルファクトリージャパンへ

企業組合アップルファクトリー カットりんご・すりおろしリンゴ・りんごコンポートは、病院食・学校給食など業務用からホテル・菓子店まで幅広く利用されています。
青森りんごカットりんご業務用カットフルーツりんご栽培会社概要

管理・作業風景 オンラインショッピング 業務用りんご加工品 給食 お問い合わせ

株式会社アップルファクトリージャパンHOME青森県のりんご

青森県りんご

青森県といえばりんご、りんごといえば青森県
青森県は、本州の最北端にあって、北は津軽海峡を隔てて北海道と対し、東は太平洋、西は日本海に囲まれ、 南は秋田・岩手の2県に接しており、総面積は9,606平方メートル、人口約148万人の日本一のりんご生産県です。

では、なぜ日本一の生産県なのか?

私たちが現在食べている「青森県りんご」は、明治4年に日本に導入され、 青森県では明治8年に国から配布された3本の苗木(まだ実がならない小さな木)が県庁の敷地内に植えられたのが始まりです。
その後、りんごが少しずつふえて明治42年には全国で一番りんご畑が多い県となりました。
りんごは涼しい気候に適した果物です。 青森県は北にあるので、涼しい夏がりんごに適していたことや広い土地があったこと、冷害でお米があまりとれない年があり、 りんごが大切に作られていたこと、そして、たくさんの人の熱意と努力があったからです。

りんごは美容と健康に良いと言われていますが、りんごの果肉100グラム当たりのカロリーは、54キロカロリーです。
りんごにもポリフェノールが多く含まれていることが分かり、注目を浴びています。
また「1日1個のりんごは医者を遠ざける」と昔から言われています。
ですから、毎日一日1〜2個のりんごを食べると良いですよ。 お肉やたまご料理を食べた後に。
空腹の時などに。
おなかの調子が悪い時などに。
胃が痛い時などに。
赤ちゃんの離乳食などに。
療養時期などにすりおろしたり、ジュースとして飲むと良いですよ。
あなたの健康や美容のためにりんごはお勧めです。特に「青森りんご」は甘くて、味が濃くておいしいんですよ!!

青森県りんごを使用して試行錯誤の結果変色しないりんごを天然素材だけを使用して完成しました。
                                                      カットりんごについてはこちら

青森県りんごを使用した業務用カットフルーツは、衛生的で刃物を使わず必要な量だけ召し上がる事ができます。
                                                 業務用カットフルーツについてはこちら
青森りんご画像1青森りんご画像2青森りんご3

「美味しい」+「食べて健康」になるものを


りんごは美容と健康に良いと言われている果物。
昔から「一日1個のりんごは医者を遠ざける」と言われています。
りんごの成分の中には「食物繊維」「カリウム」が含まれています。
特に丸かじりすると、りんごの皮に含まれている食物繊維を無駄なく摂取できとてもいいですよ。
毎日一日1〜2個のりんごを食べる事をおすすめします。

赤ちゃんから年配の方まで安心して食べられるものを


乳幼児やお年寄りは歯ごたえのあるりんごは食べずらいものです。
でもりんごのすばらしい栄養をとってもらいたいものですね。
すりおろしりんごやりんごジュースなど、食べやすく飲みやすく加工してあります。

株式会社アップルファクトリージャパンHOME青森県のりんごカットりんご
業務用カットフルーツりんご栽培会社概要 | 管理・作業風景オンラインショッピング|     
業務用りんご加工品給食お問い合わせ| サイトマップリンク

Copyright 2006 Apple Factory Japan Inc. All right reserved.